交通事故治療の症状説明

Symptom

首の痛み

syoujou1

首の痛みは交通事故でもとても良くある症状です。
いわいる「むち打ち」と呼ばれ、衝突事故で大きく「首が鞭を打つよう」しなってしまい受傷します。

主な症状は、痛み・しびれ・めまい・吐き気・肩こり・頭痛などがあげられ、後遺症の残しやすいのが首の痛みです。
首からくる神経を痛めると激痛が走り、首周りの筋肉も硬くなるのでとても辛い症状にもなりえますのでしっかりとした施術を心がけています。

正式名称は、「頸椎捻挫」といい、整形外科などでは頸椎牽引器や湿布・電気などで治療しますが、あくわ整骨院では、「痛いところに直接触れない」優しい整体で治療いたします。

肩の痛み

syoujou2

事故時にシートベルトしていた時や衝突の角度などにより肩関節を痛めてしまうことがあります。
肩を動かすときに痛みが出現し、将来、四十肩(肩の関節が痛くて動かない)になることもあります。

早期回復には、揉んだり、押したりするのではなく、背骨の状態からチェックし最適な施術をしていきます。
酷くなると痛みが増し、夜寝てても痛みで寝れないということもありますので要注意です。

腰の痛み

syoujou3

この場合の腰痛は「腰部捻挫」と診断します。
腰椎(腰の骨)をつなぐ靭帯(骨と骨をつなぎ合わせる組織)を痛めてしまい、痛みがでます。

交通事故で椎間板ヘルニア(腰と腰のあいだにあるクッションがはみ出てまう症状)になることは稀ですが、筋肉が硬くなったり、足に痺れがくる坐骨神経痛などになることがあります。

あくわ整骨院の得意症状でもありますのでお気軽にご相談ください。

膝の痛み

syoujou4

事故の衝突で急ブレーキをしたり、踏ん張ったりすることで膝関節に多大な負担がかかり、膝関節の靭帯や筋肉を痛めてしまうことがあります。

膝は仕事などの実生活で支障をきたすこともあるので注意深く治療をします。
ひどい場合だと膝関節に水がたってしまい、仕事中やスポーツなどで症状が残ってしあうので、とても重要な関節です。

交通事故で膝を痛め将来「膝が変形してしまう可能性」もありますので、そのままにせず、ご相談ください。

しびれ

syoujou5

首からくる神経症状で腕や手にでるパターンと腰からくる膝や足首付近にくるパターンとがあります。
しびれは、一種の神経症状で、「感覚が鈍くなる」「神経痛がでる」などの主症状があります。

神経は、圧迫・引っ張り・捻じれなどの外力に弱く、痺れが慢性化(長期化)してしまうこともあります。
しびれは、あくわ整骨院の独自の手法で改善させることができますのでご安心ください。

だるさ

syoujou6

「体が重い」といった症状です。
自律神経のバランスの影響もありますが、お身体の細胞にダメージがきているためにこのような症状に陥ります。

こうなると「仕事で行くのがダルい」「なんかかったるい」などの悩まされ、やがて「ウツ」のような精神疾患になることもあります。
そうならないためにも、しっかりとした治療が大切となります。

あくわ整骨院では、自律神経も改善させる治療法もありますのでお問い合わせください。

患者さんの声

適切な施術をして頂いた先生にはとても感謝しています。

1066-450x600

匿名希望 30代 男性

交通事故で、後ろから衝突された時の衝撃で、ぎっくり腰のようになってしまい、痛くて痛くて、歩くのがやっとの状態でした。
靴下も自分では履けず、身体も満足で洗えないような経験したことのない痛みでした。

とても優しく丁寧な対応の先生に施術していただき、通院の度に歩くスピードも速くなり、前に屈む動作も楽に行えるようになりました。

その時々の場面で適切な施術をして頂いた先生にはとても感謝しています。

しっかりとした施術を受けることができました。

koutujiko-450x600

匿名希望 30代 女性

追突事故によるムチウチの施術の転院先として通院しました。
骨格を整えながら腰の痛みを取ってくれました。

ただのマッサージとは違い、しっかりとした施術を受けることができました。
いたる所に気遣いを感じられるきれいな院内です。