交通事故治療期間について

Duration

治療期間

calendar2

治療期間は、その方の症状により異なり一概には言えないのが残念ですが、軽度のむち打ちで1~2週間程度で回復することもありますし状態によっては数か月程度かかる場合がございます。
その場合、就労条件や生活習慣により影響を受けることがありますので、治療期間は余り無理な体の使い方は控えるのが得策といえます。

痛めた組織(骨・筋肉・細胞)が回復しきるまでにどうしてもお時間がかかります。
この回復する時間を短縮させるのが当院の整体です。
しかし、交通事故のケガは大きな力から痛めてしまっていることが多く「焦らずじっくとお体と向き合う」事が大事です。

通院ペース

通院ペースは、患者さまの生活スタイルなどにもよりますので患者さまに合わせた通院ペースをご提案しております。
毎日来れる方もいますし、週2回程度の方もいらっしゃいます。
主な通院ペースでは始めは詰めて通院していただき、症状が安定してきたら少し間隔を空けていく方が多くいらっしゃいます。

大切なのは、限られた期間の中で「後遺症もなく」元の生活を送れることです。
従って出来るだけ通院していただくのが一番良いと思われます。

後遺症について

kega1

後遺症とは、不幸にも交通事故に遭遇しケガをしていまった際に完治せず、「痛み」「しびれ」「動かない」「頭痛」「吐き気」など
の症状が残ってしまうことです。
これは、人生も左右しかねない出来事で、そのまま治らずに一生苦しまれる方も多くいるのです。

これらの多くは、事故を起こしてそのまま治療をしなかったり、治療をしていたが適切な処置を行わなかった為に起こります。
この後遺症のリスクを減らすためにも、丁寧に施術をしていくことを心がけて治療させていただいております。